協議離婚なら養育費をハッキリさせておこう

離婚の原因は何なのか、配偶者への依存が見られる場合は、カウンセラーに相談するのもひとつの解決法です。

離婚と依存とカウンセラー

協議離婚なら養育費をハッキリさせておこう
結婚生活は最初はとても楽しくて平和なものであったというのに、時を経ると、すっかり変わってしまって、味気ないものになってしまったから、どうにかしたい、別れたいと思う人もいると思います。離婚する時に、夫から別れたくないと言われた場合、その理由の多くが、「昔の楽しかった幸せな時期のふたりに戻りたい」というものなのだそうです。そのような気持ちがあれば、妻の側としても、それならもう一度やり直してみようかという気にもなると思います。しかし、さらに深く理由を聞いてみると、実際のところは、妻に去られると、「食事が作れなくて困るから」といったような、身勝手で配偶者に依存した答えが根底にあるということが、明らかになる場合もあります。

このような場合は、相手に依存していて、自分勝手なことしか言いませんから、相手の幸せや自分の幸せを本当に願って行動するということがありません。ふたりきりでいくら話し合っても、なかなか方向性は見えてこないでしょう。依存というのは一種の心の問題ですから、このような場合、プロのカウンセラーを交えて、話し合いをするということが、もしかしたら解決への早道かもしれません。両親や友達といった親しい人ではなく、問題解決を専門とするカウンセラーに間に入ってもらうということがポイントです。それによって問題の原因が誰の目にも明らかになり、どうしたらいいかわかるようになってくると思います。幸せのためには必要なことです。

Copyright (C)2017協議離婚なら養育費をハッキリさせておこう.All rights reserved.