協議離婚なら養育費をハッキリさせておこう

私は離婚を経験したことがありませんが、この大きな問題の離婚について書いていきたいと思います。

離婚手続きをする際の流れ

協議離婚なら養育費をハッキリさせておこう
私は離婚を一度も経験したことがありません。ですが結婚をしているので、この大きな問題の離婚について調べてみました。それについて書いていきたいと思います。まず届けを取りに行きます。どこにあるのかといいますと、お近くの市区町村役場の戸籍課にあります。そこで届け物もらいましょう。届けをもらったら、実際に記入していくのですが、記入はお互いに書いていきましょう。またその際に承認として、成人二名の署名、捺印が必要です。記入は割と簡単にできてしまいます。書きながらも、本当にその結果で良いのか、考えながら書いていきましょう。

届けを書き終えたら、提出して終了ではなく、財産分与、慰謝料についても話し合いを行いましょう。また未成年の子供がいる場合は、その子供の親権者を決めて届けに記入しなければなりません。この親権者が空欄の場合は、受理されません。自分の子供のために、話し合っておきましょう。また、養育費や面接交渉なども最初の段階で必ず決めておきましょう。後からトラブルになることが、とても多いです。ちなみに提出する場所は、夫婦の本籍、住所地がある市区町村役場です。本人たちで提出しに行ってもいいですし、郵送でも構いません。ちなみにこれを提出してしまった後に、思いとどまってしまったら、不受理申出書というものが、同じく市区町村役場にありますので、こちらを書けば最大で六ヶ月延長ができるそうです。私の考えですが、こと間もがいるのであれば、親のわがままで別れてしまうよりも、子供のために関係を良くしようとした方が良いのではないでしょうか。

Copyright (C)2017協議離婚なら養育費をハッキリさせておこう.All rights reserved.